ゲーム攻略

【タイムプリンセス】オペラ座の怪人(ステージ1-11~1-15)

ゲーム
スポンサーリンク

こちらの記事では、アプリ【タイムプリンセス】のストーリー「オペラ座の怪人」の1-11~1-15までのステージについて記載していきます。

基本的に物語の内容には触れませんが、選択肢やエンディングに関する情報も書いてありますので、ネタバレがお嫌いな方や自力でクリアしたい方はブラウザバックをお願いします。

攻略に困った時に見てください!

タイムプリンセスとは

3Dドレスアップゲーム!童話の世界へようこそ。あなたの選択があなたの運命を決めます。
ほこりまみれの古びた本棚が、現実と物語の世界をつなぐゲートとなり、美しい魔法の世界へとあなたを導きます。

〜アプリ説明文より抜粋〜

いわゆる「ファッションRPG」。色々なストーリーを着せ替えと物語内の選択肢で進んでいくマルチエンディング型のゲームです。

歴史や有名な物語がベースになっていて、知っていても知らなくても楽しめて、ストーリーごとのステージ数やエンディングの数も多くて長く遊べそうです。

出てくる用語には解説もついていて勉強にもなりそう。

まだ遊んだことのない方はぜひプレイしてみて下さい♪

アプリのダウンロードはこちら↓

  スポンサーリンク

ステージ

1-11 驚くべき報せ

条件怪人Lv4
タグゴージャス、クール
ヒント夜の和音、不滅のソプラノ(ランタン)、憂鬱な詠唱(1-10)、
マーキュリーの栄光(パルヴァン)、トゲのあるバラ(1-8)
報酬【パーフェクト】
別れの夜想曲(設計図)
ギフトの材料1、読者クーポン3、ゴールド2000、経験値400
【グレイト以下】
衣装の材料1、ゴールド1000 、経験値200
選択肢

(スタミナ消費なし)

①いいえ、憎んだりしないわ(音楽の天使を失望~)
 →怪人の好感度アップ
  →1-12へ

②ためらう(音楽の天使の言葉~)
 →1-12へ

1-12 悪魔の報酬

報酬ギフトの材料1、読者クーポン1、ゴールド2000、経験値400
衣装の材料1、ゴールド1000 、経験値200
選択肢

(スタミナ消費なし)

①ラウルに伝える(昨夜、怪人に~)
 →ラウルの好感度アップ
  →1-13へ

②伝えないでおく(ラウルの心配事~)
 →怪人の好感度アップ
  →1-13へ

1-13 墓地での襲撃

条件ラウルLv4
タグウォーム、エレガント
ヒントかすかな記憶、月明かりのフィナーレ(ランタン)、
要求された望み(1-9)
アルバム墓地に流れるメロディ
報酬【パーフェクト】
贅沢なライン(設計図)
ギフトの材料1、読者クーポン3、ゴールド2000、経験値400
【グレイト以下】
衣装の材料1、ゴールド1000 、経験値200

選択肢なし

1-14 謎の人物の帰還

条件憂鬱な詠唱 必需
タグゴージャス、クール
ヒント夜の和音、不滅のソプラノ(ランタン)、憂鬱な詠唱(1-10)、
マーキュリーの栄光(パルヴァン)、トゲのあるバラ(1-8)、
別れの夜想曲(1-11)、ヴィーナスの祝福(パルヴァン)
報酬【パーフェクト】
雨のしずく(設計図)
ギフトの材料1、読者クーポン3、ゴールド2000、経験値400
【グレイト以下】
衣装の材料1、ゴールド1000 、経験値200
選択肢

(スタミナ消費なし)

①ラウルと和解する
②自分の言い分を譲らない(態度を変えない)
 →どちらを選んでも1-15へ

1-15 地下迷宮

条件ラウルLv5
タグウォーム、ノーブル
ヒント魂のこもった目、解放された神(1-5)、春の光(パルヴァン)、
エメラルドの羽ばたき(ランタン)、ヒスイの波紋(1-6)、
贅沢なライン(1-13)、不朽の大望(パルヴァン)、
タロット伝説(パルヴァン)
ログパンジャブの縄
報酬【パーフェクト】
孤独の賛歌(設計図)
ギフトの材料1、読者クーポン3、ゴールド2000、経験値400
【グレイト以下】
衣装の材料1、ゴールド1000 、経験値200
選択肢

(スタミナ消費なし)

①ラウルとともにいる(~すべてに立ち向かう)
 →ラウルの好感度アップ
  →1-16へ

②ラウルの指示に従う
 →1-16へ

オペラ座の怪人の記事一覧

【タイムプリンセス】オペラ座の怪人(仲間と遺物)
【タイムプリンセス】オペラ座の怪人(ステージ1-1~1-5)
【タイムプリンセス】オペラ座の怪人(ステージ1-6~1-10)
【タイムプリンセス】オペラ座の怪人(ステージ1-11~1-15)
【タイムプリンセス】オペラ座の怪人(ステージ1-16~1-20)
【タイムプリンセス】オペラ座の怪人(ステージ1-21~1-22)

感想

以前チャットでお見かけした『ヤンデレ怪人とモラハラウル』というパワーワード……。

的確すぎる喩え(笑)めっちゃ好きです♪

オペラ座の怪人を読んだ当時、幼い頃の私は「オペラ座の怪人=熱烈なストーカーの話」というイメージが先行していて、ラウルについては全く意識になかった(そういえば結構でばる恋人役がいたなぁ……くらいの認識だった)ので、不意打ち的な面白さにツボってしまいました。

そしてラウルのその片鱗が見える1-13……口論している重めのシーンのはずなのに、思い出し笑いが込み上げてしまいました(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました